選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2018一次選考作品

『官能先生』吉田基已



「40歳独身、作家の六朗が祭で出会った雪乃さん(22歳)に恋をする。徐々に交流を重ねるのだが雪乃さんは素っ気ない態度を取ったり、時には赤面したり......。六朗がほんと可愛い中学生みたいな人物で、雪乃さんのことを悶々と想像してるのが面白くて、応援したくなります。舞台は昭和30年から40年くらいでしょうか。吉田基已先生の温かみのあるタッチで描かれる背景がまた素晴らしいです。二人の恋模様がはたしてどうなるのか、今後も気になります。」