選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2018一次選考作品

『オリオリスープ』綿貫 芳子


オリオリスープ(4) (モーニング KC)

「季節感を感じられる歳時記のようなマンガ。主人公は本の装丁家として忙しく働く若い女性。忙しい中で時間を見つけて季節を感じるスープをつくってたべて、日々を過ごす。忙しい都会の大変そうな生活なのにどこか風流さを感じられるのは、主人公の自然に対する感性の豊かさのような気がします。忙しくても季節を感じてきちんと生きる。忙しい現代人が季節をしみじみとし楽しむ知恵がたくさんつまったマンガです。」