選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2018一次選考作品

『モブ子の恋』田村茜


モブ子の恋 1 (ゼノンコミックス)

「「地味で目立たない自分は物語の主人公にはなれない」と思っている人に一歩踏み出す勇気をくれる作品です。主人公の田中信子のように自分に自信がないという部分に共感してしまうほどです。それでも頑張る姿は応援したくなります。」

「まだ1巻しか発売していないものですがおすすめ。タイトル通り、普段なら主人公になれない脇役のような存在のヒロインがとても愛らしい。世の中人気者になれる人は限られた人で、その他は、自分も含めてモブ。なのでモブ子の考えや行動、気持ちがとても共感でき応援したくなる。もはやモブではなくモブ子が主人公でその淡い恋に自分も落ちました。とても良作。」