選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2018一次選考作品

『春と盆暗』熊倉 献


春と盆暗 (アフタヌーンKC)

「冴えない男の子と少し変わった女の子が出てくる4つの短編作品。終始ニュートラルな温度感で展開していくのが読んでいてとても心地よい。各話に登場する女の子達のひねくれ具合、天然具合、突っ走り具合が絶妙でみんなめちゃくちゃ可愛い!困ったりちょっと怒ってる顔なんかもう最高。繰り返し読むと気がつける短編ならではのちょっとした仕掛けがあるのも嬉しいポイントです。」