選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2013一次選考作品

『ゴーグル』豊田徹也


ゴーグル (アフタヌーンKCデラックス)

「寡作家による珠玉の短篇集。「いかにもアフタヌーン」な空気感がたまらない。」

「豊田さんの間のある描写が大好きです。「ゴーグル」でもそれは健在。その間に引き込まれてしまいます。」

「やっぱりA5がいいよ!「アンダーカレント」の豊田氏の短編集。クスって笑ったり、切なかったり、ミステリ要素(?)あったりで1冊めいっぱい楽しめた。どの作品もテイストは違えど豊田氏独特の映画的な雰囲気は健在。」

「豊田さんの作品は、読んだ後に短編映画を観たような感覚になります。独特の間や空気がそう思わせるのかもしれません。薄い肉のトンカツが食べたくなりました。」