選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2013一次選考作品

『当て屋の椿』川下寛次


当て屋の椿 7 (ジェッツコミックス)

「絵柄やキャラクターもしっかりしていて、人間の欲深い生々しさなどが出ていていいです。同じような和物の作品で「艶漢(アデカン)」というのがあるんですが、そちらも人間の欲深さを表現した作品なんですが、個人的には、そちらより、この「当て屋の椿」の方がミステリーとして楽しめました。」