選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2013一次選考作品

『昭和元禄落語心中』雲田はるこ


昭和元禄落語心中(3) (KCx ITAN)

「落語の世界の中で、保守と革新の双方を見てきた孤高の名人が新弟子に回想のような形で人物を中心に語っていく一代記。伝統系の業界に身を置いている人間には身につまされる題材を扱っており目が離せない作品。」

「圧倒的な画力。そして話の面白さ。3巻にきてもテンションが落ちないのも好印象。」

「色気!男である自分が、初めて「男の色気」にゾクリとさせられた。やばい。」

「語に人生を捧げた男たちが歩んできた道と彼らを取り巻く人々の想いにグッと引き込まれる作品です。物語は戦後、新しい物が次々と流れていく時代の中で古きを残すか新しい道を選ぶか芸の道の苦悩や葛藤、そして各々の想いがどんな形になっていくのか漫画ならではの表現を味わいながら見届けたい作品です。」