選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2013一次選考作品

『凍りの掌』おざわゆき


凍りの掌

「シベリア抑留、語り継がねばならない物語......などといわれるといかにも説教臭く思われるかもしれないが、読むと実際にそう思ってしまう筆力が素晴らしい。淡々とした語り口が、かえって過酷な状況を際立たせている。」

「そこには人が体験した「地獄」がある。そこでは人は限りなく無力で、運命は過酷で、自然は凶暴で、そして人は他の人に対して残酷だ。だからこそ、そこから辛くも生還した人たちの物語は語り継がれねばならない、と思うのだ。」