選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2013一次選考作品

『ワンパンマン』ONE 村田雄介


ワンパンマン 2 (ジャンプコミックス)

「WEBで連載したコミックが単行本化されるのも珍しくない時代になってきました。ただ、WEB連載はあくまで紙の代わりであり、ブラウザ上で見る事を最大限に活かしたマンガは今までなかったように思います。この「ワンパンマン」、15話と17話を是非WEBでご覧下さい。紙媒体の代わりでなく、WEBマンガは新しいメディアと気づいていただけると思います。」

「圧倒的画力の無駄遣い。強過ぎて笑える!」

「全てはワンパンのカタルシスのために。あらゆる伏線、設定、何かしら既視感とパロディ精神を感じつ敵役たち、全てがそのためだけに存在する。射精の快感に近い、かも...(すんません)大ゴマをハイスピードで連発するウェブマンガならではのリズムもクセになる。」

「誰が一番強いのかはっきりしているけど、ひたすら少年漫画の王道をグイグイいく感じがイイです。」

「カタルシス感がハンパない。」