選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『スピカ』羽海野チカ


「表題作、主人公二人の会話に、私は確かに救われた。自分の迷いに光が差し込んだかのような、「ああ、いいんだ」と、誰かに背中を押されたような、そんな気持ちになった。だから、もしつらい気持ちのひとがいたら。勧めるかもしれません。その時にならないと判らないけれど、でも。かける言葉をうまく見つけられないその時は。この物語に、助けてもらうかもしれません。」